小林製薬の「ルテインa」は製薬会社らしいしっかりとしたサプリメントです

小林製薬の「ルテインa」は製薬会社らしいしっかりとしたサプリメントです

小林製薬

機能性情報も公開されている小林製薬のルテインaはこんなサプリメント

ルテインaはルテインとゼアキサンチンを摂取できるサプリメントです。

 

ルテイン10mgとゼアキサンチン2mgが含まれていて、機能性表示食品の申請もされています。

 

ルテインaを製造販売しているのは小林製薬。

 

小林製薬は医薬品を作っている会社ですが、ルテインaのようなサプリメントやスキンケア商品なども開発販売しています。

 

 

ルテインaの特徴メリットとは?ココに注目!

メラックスeye

効果の根拠を見ることができる機能性表示食品

ルテインaは機能性表示食品。機能性表示食品とは、その製品を作った企業が消費者庁に対し、製品の安全性と機能性について科学的根拠を提出することによって可能となる表示です。

 

ルテインaの安全性と機能性も消費者庁のサイトを見ることで小林製薬が提出した資料を確認できます。

 

内容は「ルテインaに含まれるルテインが黄斑部の色素量を増やし、コントラスト感度を正常に保ち視覚機能を維持すること」。

 

利用者がまさに求めている効果について、小林製薬は自社でまとめた科学的根拠を提出しているのです。

 

小林製薬が製薬会社としての信用を掲げて販売している商品、それがルテインaです。

 

黄斑部を全てカバーできるルテイン&ゼアキサンチンの組み合わせ

ルテイン、ゼアキサンチンはどちらも目の組織である黄斑部を光の刺激から保護する働きを持つ成分です。

 

同じカロテノイドの仲間であるルテインとゼアキサンチンは非常によく似た存在ですが、実はその働きには微妙な違いがあります。

 

どちらも黄斑部に影響する成分であることに間違いはありませんが、ルテインが黄斑部の周囲に存在するのに対し、ゼアキサンチンは黄斑の中心部周辺に存在しているのです。

 

つまり、ルテインとゼアキサンチンを両方摂ることで黄斑部全域をカバーすることができ、ブルーライトや紫外線による刺激から黄斑部全域を守り、目の健康を維持することが期待できます。

 

店頭販売で買うことができる

ルテインaは店頭で購入することができます。

 

多くのルテインサプリはインターネット通販のみの販売となっているので、薬局やコンビニで気軽に買えるということはルテインaの強みであると言えるでしょう。

 


ルテインaはこんな人に使って欲しい

ルテイン

パソコンを長く使う仕事をしている人

パソコンやスマホの画面からはブルーライトが発せられています。

 

ブルーライトは紫外線に近い性質をもつ光で、目に対して強い刺激を与えるもの。

 

通常であればルテインがその刺激から目を守ってくれていますが、あまりにもブルーライトに長くさらされすぎたり、加齢による体内ルテイン量の減少があるなどの場合は要注意。

 

目の中の光を受け止める部分「黄斑」が黄斑変性という深刻な病気を発病してしまいます。

 

よってパソコンを長く使う仕事をしている人は重大な目のリスクに備えて日ごろからルテインを積極的に摂る必要があるでしょう。

 

小林製薬のルテインaはルテインとゼアキサンチンの二つの成分がうまく重なり合って働き、目の中の黄斑部全てを効率的に守ってくれる働きが期待できます。

 

安心してサプリメントを使いたい人

ルテインaは小林製薬の製品であり、機能性表示食品でもあります。

 

機能性表示食品であるということは、ルテインaの目に対する効能について、小林製薬が自社の責任の下に科学的根拠を揃え消費者庁に提出したということ。

 

ここで小林製薬というブランドが生きてきます。

 

長年医薬品を作り続けている大手製薬会社がその信用を賭けて自社で臨床実験を行い、消費者庁に届け出をしているのです。

 

サプリメントに安心感を求めている人にとって、安全面から見ても機能面から見ても、これほど安心できるサプリメントはなかなかないのではないでしょうか。

 

気軽に買いたい人

小林製薬のルテインaは通販だけでなく、薬局など店頭で購入することができます。

 

インターネット通販はハードルが高いなと思う人もいるでしょう。

 

そんな方にとって店頭でも買えるルテインaは手を出しやすいサプリだと言えます。


ルテインaを高評価している人の口コミ

メラックスeye

 

 

年齢と仕事での疲労で、目にゴミが入った様な不快感があり、目薬をいろいろ使っていましたが、効果がある時間が短いのでこの商品を使ってみました。瞼の動きが滑らかになったように思います。目のかすみも少なくなったような気がします。
(40代 男性)


 

 

コンピューターを長時間(12時間)裸眼で見続けた結果、黄斑変性にかかって右目の視野に欠損が生じました。進行させないために、ルテインを飲んでいます。これで3年ほど安定しています。
コンピューターなどのブルーライトを避けるために、コンピューター用の眼鏡を用い、スクリーンにはブルーライト防止用のシートを張ることをお勧めします。ブルーライトは、網膜の細胞を破壊して、新生血管を生じさせ、それが破れると網膜上に血が広がり、盲目になります。
(40代 女性)



まとめ

医薬品も扱う製薬会社である小林製薬が販売するルテインaは、ルテインの目に対する効果が科学的に説明された機能性表示食品です。

 

店頭で気軽に買うことができるので、目を酷使する生活をしていたり加齢による目のトラブルが気になる人は薬局やコンビニで一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

ルテインaの公式サイトでの価格は1728円。ただしAmazonではもう少し安い価格で販売されています。通販だけでなく、店頭販売もされているサプリメントです。

 

 

楽天 小林製薬「ルテインa」検索結果はこちら

関連ページ

ルテインサプリの王者ひとみの専門店「朝のルテイン&プラセンタ」
業界最高含有量40mgのルテインを含むひとみの専門店「ルテイン&プラセンタ」は唯一のゼリー状サプリメントで水溶性。このため最も体内への吸収速度が早く効果が実感しやすいサプリです。プランタンを取り入れる事で、体の内外を共にケアするルテインサプリ王者と言えます
今注目の沖縄県産サプリ「一望百景」は琉球3素材が贅沢配合!
一望百景に使われているルテインは国産のマリーゴールド千寿菊。フリー体ルテインです。ルテインは光の刺激から目を守るために使われる成分で、ほうれん草など緑黄色野菜から摂っているもの。しかし、加齢にともなって体内のルテイン量は減少し、食事だけでは補えなくなります。
2016年モンドセレクション最高金賞受賞の実力「めなり」
「めなり」も売れているサプリメントの1つで、リピート率が93.9%という脅威の数字を公表しています。 「めなり」は、ルテインというよりもビルベリーに含まれるアントシアニンという色素を軸として、ルテインを加えたサプリメントと言えます。 ルテインが直接的にブルーライトから目を守るのに対して、アントシアニンはロドプシンの再合成に作用すると言われているので、光の検知、つまり目が見えるという機能を助ける働きをサポートするといった面を強く押し出したサプリメントになります。
ルテインとクロセチンがコラボ!目の健康サプリ「なごみアイ」
なごみアイにはルテインの他にクロセチンという成分が含まれています。クロセチンはルテインと同じカロチンの一種。目の血流を改善することで疲労軽減や網膜の保護といった効果が期待できます。そのクロセチンの大きな特徴が成分が吸収されるまでのスピードです。ゆっくりと体に吸収されるルテインと比べクロセチンの吸収はとても早く、摂取して4時間もすれば体中に行きわたります。
ブルーライトに特化した機能性表示サプリ「デスクラーク」
デスクラークには、20mgのルテインのほかに2種類のポリフェノールが含まれています。その2種にはそれぞれこだわりがあり、これがそのままデスクラークの特徴であると言えます。一つはマキベリー由来のポリフェノール。マキベリーからはアントシアニンというポリフェノールが抽出できます。
メニールテインゼアはルテイン増量で頂点を目指す!
メニールテインゼアはメニールテインが2015年にリニューアルされたサプリで、配合する栄養素が大きく見直され、ルテイン量を多くしたことはもちろん、「ゼア」の名の通りゼアキサンチンの量もアップ。これまで含まれていた色々な栄養素をカットした分、新たにEPAとビスメンチアミンが配合されました。
機能性表示食品「メラックスeye」はあの八幡物産の最高傑作サプリ?
メラックスeyeは機能性表示食品です。機能性表示食品とは、「食品としての安全性」と「健康目的として機能すると言える科学的な根拠」について、製品を発売する前に事業者(作った会社)が消費者庁長官へ届け出ることで表示できるものです。特定保健用食品(トクホ)とは違い、国がその機能性を審査し保証するものではありません。あくまで事業者が科学的根拠を届け出たことを表す制度です。
DHCの「光対策」は何気にルテイン16mgを調合した優れもの!
ルテイン光対策は目を光の刺激から守る成分であるルテイン中心にした目を守るためのサプリメントです。ルテインは16mg入っていて、機能性表示食品でもあります。製造販売しているのはDHCはご存知の通り化粧品からサプリメントまで幅広く扱う会社で、特にドラッグストアやコンビニで買える袋入りのサプリメントは有名ですね。
FANCL「えんきん」が実は日本初の目の機能性表示食品だった!
健康食品を日本で初めて「サプリメント」という名称で呼んだのがファンケル(FANCL)です。 そしてこのファンケルが作り出した、ルテインサプリが「えんきん」であり、目を守るサプリとして「スマホえんきん」という商品も開発しています。 なぜ2種類の目のサプリがあるかというと、販売ターゲットとする年齢層が違うからなんです。
1億2000万個の販売実績を誇るわかさ生活のブルーベリーアイ
ブルーベリーアイはビルベリー由来のアントシアニンを中心に摂取できるアイケア系サプリメント。数あるアイケア系サプリの中でも特に人気のある商品で、実際に9年連続アイケアサプリ売り上げ1位という素晴らしい数字をもっています。