機能性表示食品「メラックスeye」はあの八幡物産の最高傑作サプリ?

機能性表示食品「メラックスeye」はあの八幡物産の最高傑作サプリ?

メラックスeye

タイトルの中にあの八幡物産とと言う言葉を入れましたが、ピントきた方はかなり健康通ではないかと思います。

 

今回ご紹介するのは「メラックスeye」というルテインサプリですが、厳選10選に入れた理由はどちらかというと、企業に対する信頼性が高かったからです。

 

店舗名 八幡物産
会社名 八幡物産株式会社
所在地

〒689-3541 
鳥取県米子市二本木498-2

設立 1975年
事業概要 健康食品の製造販売・通信販売

 

ホームページを見ていて感じる事は、とにかく真面目な会社であることが良く解ります。

 

メラックスeye

ブルーベリーサプリで売れている「北の国から届いたブルーベリー」って見たことないですか?

これは今でも売れ続けているブルーベリーサプリの1つですね。

 

 

 

 

 

 

メラックスeye

あるいは、ルテインサプリですが、「めばえ」という商品はいかがでしょうか?

こちらも売れたルテインサプリになりますので、知っている方も多いのではないでしょうか?

 


全額返金保証付メラックスeyeはこんなサプリメント

メラックスeye

メラックスeyeは2015年12月に八幡物産から発売されたルテイン系サプリメントです。

 

八幡物産の扱うルテインサプリにはそれまでにも「めばえ」という製品がありましたが、ルテインサプリメントを求めるユーザーの多さを感じ取った結果、より多くのルテインを含んだ「メラックスeye」を開発するに至りました。

 

ルテインはフリー体で25mg配合しており、ルテインの量自体は申し分ないルテインサプリです。

 

もちろんメラックスeyeも機能性表示食品であり、その内容には何ら問題のあるサプリメントではありませんし、むしろ品質は良いと考えるべきですね。

 

そして、それらの情報を全てホープページ上で公開しています。

 

消費者庁届け出内容の詳細

 

メラックスeye

この中には「めばえ」に始まったルテインサプリでの、副作用などについても正直に書かれており、消費者目線で見ると、とても信頼できる会社である事がわかります。

 

誤解のないように書いておきますが、過去副作用的な苦情も受け付けていますが、商品に起因するものでは無かったようです。

 

今回、この正直さから厳選10選に加えさせて頂きましたが、このメラックスeyeは完全なルテイン特化型のサプリとなりますので、出来ればベリー系サプリなどとの併用が望ましいのではないかと思います。

 

それが八幡物産の営業戦略なのかは別にしても、メラックスeyeと北の国から届いたブルーベリーを併用で飲んでいれば、かなり目にも体にも良いのではないかと思われます。


メラックスeyeの特徴メリットとは?ココに注目!

メラックスeye

効果の根拠が示された機能性表示食品

メラックスeye

メラックスeyeは機能性表示食品です。機能性表示食品とは、「食品としての安全性」と「健康目的として機能すると言える科学的な根拠」について、製品を発売する前に事業者(作った会社)が消費者庁長官へ届け出ることで表示できるものです。

 

特定保健用食品(トクホ)とは違い、国がその機能性を審査し保証するものではありません。あくまで事業者が科学的根拠を届け出たことを表す制度です。

 

ではこれに何のメリットがあるのか。

 

実は機能性表示食品として事業者が届け出た科学的根拠などの内容は、消費者庁のウェブサイトで誰でも確認することができるんです。

 

メラックスeyeの場合も、八幡物産が届け出ているルテイン成分に関する根拠を私たちが自由に見ることができます。

 

これにより、メラックスeyeが本当に効果があるサプリなのかどうかを確認したうえで買うかどうかを決めることができますね。

 

加えて八幡物産は1974年から今に至るまで健康食品の老舗として業界を生き残ってきた会社。

 

その八幡物産が満を持して作り上げた改良版ルテインサプリであることを考えても、メラックスeyeは信用に足る商品であると言えるでしょう。

 

 

 

 

全額返金保証で効果をたしかめてから定期購入を判断できる

メラックスeyeには全額返金保証が用意されています。

 

使ってみて効果を感じられないようであれば、払ったお金が返ってくるというもの。

 

機能性表示食品と合わせ、とにかくユーザーが安心して購入できるよう配慮されたサプリメントですね。

 

 

1日あたり約60円というコスパのよさ

3か月定期便を使った場合、1ヶ月あたりの金額は1847円。1日あたりのコストは約60円です。

 

アイケアを行ううえでの推奨量であるルテイン20mg以上含有を達成しているサプリの中ではトップクラスのコスパです。

 

サプリメントは薬と違い日常の中に取り入れていくものですから、そのコストが安いということは大きなメリットです。

 


メラックスeyeは品質に自信あり!こんな人に使ってほしい

メラックスeye

疲れ目対策、もしくは加齢による目の疾病に備えたい人

メラックスeyeの主成分であるルテインは、眼球の内側にある光を受け止める部分である「黄斑」をいたわる成分です。

 

光の刺激を一手に引き受ける黄斑をルテインが守ることで、私たちの目は正常に機能し続けることができます。

 

しかし、パソコン仕事やスマホの多用など慢性的に目を酷使している人の場合、光の刺激が強すぎて日常の食事で摂っているルテイン量だけでは黄斑を守りきれなくなります。

 

その結果、疲れ目や眼精疲労といった症状が出てくることになります。

 

また、体内のルテインは加齢によっても減少します。

 

具体的に言うと、50代の方の眼球内のルテイン量は、若い頃の半分にまで低下しているのです。

 

その状態で黄斑が光の刺激を受け続けると、黄斑変性という深刻な目の病気を発症するリスクが高まります。

 

黄斑変性を発症してしまうと視界がゆがんで見えたり中心が暗くなってしまうなど深刻な症状が起こり、生活の質を著しく下げてしまうことになります。

 

これらの悩みに対応するために推奨されている1日あたりのルテイン摂取量は20mg。

 

一粒で25mgのルテインを摂取できるメラックスeyeを飲み続けることで、目の疲れや加齢による目の疾病の悩みを改善することができるでしょう。

 

メラックスeye

 

サプリの購入を慎重に考えたい人

特徴メリットの項目で紹介したとおり、メラックスeyeは機能性表示食品であり全額返金保証もされています。

 

本当に効果があるのかを慎重に考えてからお金を払いたい人にとって、メラックスeyeは適したサプリだと言えます。

 

 

コストを安く抑えたい人

1日あたり60円という数字はルテイン20mg以上を有しているサプリの中ではトップクラスのコストパフォーマンス。

 

安く済ませたい人にとっては最適のサプリです。


メラックスeyeを高評価している人の口コミ

メラックスeye

 

 

飲み始めてから目薬を使う回数が減りました。悩んでいた飛蚊症や疲れ目も治りました。
(40代女性)


 

 

目のかすみが3日で改善しました。食事では改善しなかったのですが、メラックスeyeを使うとあっという間で驚きました。
(50代女性)



まとめ

メラックスeye

健康食品の老舗である八幡物産がルテインを求めるユーザーへ向けて開発したメラックスeye。

 

買う側の安心感を高めてくれる売り方にはとても好感がもてます。

 

ルテインサプリを探しており、コストを抑え安心して利用に踏み切りたいという方へこのメラックスeyeをおすすめします。

 

価格は2160円。ただし、3か月の定期便を契約すると、1ヶ月あたりの金額を1847円にすることができます。

 


関連ページ

ルテインサプリの王者ひとみの専門店「朝のルテイン&プラセンタ」
業界最高含有量40mgのルテインを含むひとみの専門店「ルテイン&プラセンタ」は唯一のゼリー状サプリメントで水溶性。このため最も体内への吸収速度が早く効果が実感しやすいサプリです。プランタンを取り入れる事で、体の内外を共にケアするルテインサプリ王者と言えます
今注目の沖縄県産サプリ「一望百景」は琉球3素材が贅沢配合!
一望百景に使われているルテインは国産のマリーゴールド千寿菊。フリー体ルテインです。ルテインは光の刺激から目を守るために使われる成分で、ほうれん草など緑黄色野菜から摂っているもの。しかし、加齢にともなって体内のルテイン量は減少し、食事だけでは補えなくなります。
2016年モンドセレクション最高金賞受賞の実力「めなり」
「めなり」も売れているサプリメントの1つで、リピート率が93.9%という脅威の数字を公表しています。 「めなり」は、ルテインというよりもビルベリーに含まれるアントシアニンという色素を軸として、ルテインを加えたサプリメントと言えます。 ルテインが直接的にブルーライトから目を守るのに対して、アントシアニンはロドプシンの再合成に作用すると言われているので、光の検知、つまり目が見えるという機能を助ける働きをサポートするといった面を強く押し出したサプリメントになります。
ルテインとクロセチンがコラボ!目の健康サプリ「なごみアイ」
なごみアイにはルテインの他にクロセチンという成分が含まれています。クロセチンはルテインと同じカロチンの一種。目の血流を改善することで疲労軽減や網膜の保護といった効果が期待できます。そのクロセチンの大きな特徴が成分が吸収されるまでのスピードです。ゆっくりと体に吸収されるルテインと比べクロセチンの吸収はとても早く、摂取して4時間もすれば体中に行きわたります。
ブルーライトに特化した機能性表示サプリ「デスクラーク」
デスクラークには、20mgのルテインのほかに2種類のポリフェノールが含まれています。その2種にはそれぞれこだわりがあり、これがそのままデスクラークの特徴であると言えます。一つはマキベリー由来のポリフェノール。マキベリーからはアントシアニンというポリフェノールが抽出できます。
メニールテインゼアはルテイン増量で頂点を目指す!
メニールテインゼアはメニールテインが2015年にリニューアルされたサプリで、配合する栄養素が大きく見直され、ルテイン量を多くしたことはもちろん、「ゼア」の名の通りゼアキサンチンの量もアップ。これまで含まれていた色々な栄養素をカットした分、新たにEPAとビスメンチアミンが配合されました。
DHCの「光対策」は何気にルテイン16mgを調合した優れもの!
ルテイン光対策は目を光の刺激から守る成分であるルテイン中心にした目を守るためのサプリメントです。ルテインは16mg入っていて、機能性表示食品でもあります。製造販売しているのはDHCはご存知の通り化粧品からサプリメントまで幅広く扱う会社で、特にドラッグストアやコンビニで買える袋入りのサプリメントは有名ですね。
FANCL「えんきん」が実は日本初の目の機能性表示食品だった!
健康食品を日本で初めて「サプリメント」という名称で呼んだのがファンケル(FANCL)です。 そしてこのファンケルが作り出した、ルテインサプリが「えんきん」であり、目を守るサプリとして「スマホえんきん」という商品も開発しています。 なぜ2種類の目のサプリがあるかというと、販売ターゲットとする年齢層が違うからなんです。
小林製薬の「ルテインa」は製薬会社らしいしっかりとしたサプリメントです
ルテインaは機能性表示食品。機能性表示食品とは、その製品を作った企業が消費者庁に対し、製品の安全性と機能性について科学的根拠を提出することによって可能となる表示です。ルテインaの安全性と機能性も消費者庁のサイトを見ることで小林製薬が提出した資料を確認できます。
1億2000万個の販売実績を誇るわかさ生活のブルーベリーアイ
ブルーベリーアイはビルベリー由来のアントシアニンを中心に摂取できるアイケア系サプリメント。数あるアイケア系サプリの中でも特に人気のある商品で、実際に9年連続アイケアサプリ売り上げ1位という素晴らしい数字をもっています。