DHCの「光対策」は何気にルテイン16mgを調合した優れもの!

DHCの「光対策」は何気にルテイン16mgを調合した優れもの!

DHC

今の日本でおそらくこの会社名を知らない人はいないのではないかとさえ思えるディーエイチシー。

 

化粧品や健康食品を中心に、もはやDHCという1つのブランドを作り上げていますよね。

 

このDHCって、日本の会社だとしっていましたか?

 

店舗名 DHCオンラインショップ 他
会社名 株式会社ディーエイチシー
所在地

〒106-8571
東京都港区南麻布2丁目7番1号

事業内容 化粧品、健康食品、医薬品・遺伝子事業、おいしい食品、アパレル・インナーウェア
創業 1972年

 

1972年創業の東京の会社だったんですね。

 

このDHCの中でも健康食品部門で今最も売れているのが、DHCのルテインサプリメントである「光対策」です。


DHCの機能性表示食品ルテイン光対策はこんなサプリメント

DHC

ルテイン光対策は目を光の刺激から守る成分であるルテイン中心にした目を守るためのサプリメントです。

 

ルテインは16mg入っていて、機能性表示食品でもあります。

 

製造販売しているのはDHCはご存知の通り化粧品からサプリメントまで幅広く扱う会社で、特にドラッグストアやコンビニで買える袋入りのサプリメントは有名ですね。

 

このDHCが作り出したルテインサプリは、ルテイン以外に、カシスエキス、メグスリノキエキス、クチナシエキスといった成分が含まれています。

 

実はこのような成分構成のルテインサプリは珍しくて、簡単に各成分についてまとめると以下のようになります。

 

カシスエキス カシスポリフェノールは抗酸化作用を持つ成分で、カシスに含まれるアントシアニンはベリー類の中でも特徴があり、カシスアントシアニンと特別な名で呼ばれていて、他のベリー類のアントシアニンよりも抗酸化効果が高いといわれています。
メグスリノキエキス メグスリノ樹皮にはロドデンドロール(ロドデノール)やエピ・ロードデンドリン、トリテルペン、タンニン、ケルセチン、カテキンなどの有効成分が含まれており、眼病の予防・視神経活性化・肝機能の改善などの効果があります。
クチナシエキス クチナシの果実より抽出されるエキスで、保湿効果、肌荒れ改善、美白、抗酸化作用があります。カロテノイドが含まれています。

 

他のルテインサプリと比べると、どちらかと言うとルテインに特化したサプリであり、ブルーライト対策に特化したような成分構成のサプリと言えそうです。


ルテイン光対策の特徴メリットとは?ココに注目!

DHC

徹底的に強い光の刺激に対応したサプリメント

DHCのルテインサプリは、サポート成分より判断しますと、徹底的に光の強い刺激に対応する事へ特化したサプリメントと言えそうです。

 

他のルテインサプリが根本的な体質改善を併用したり、より高品質なルテイン摂取を軸とした商品作りをしているのに対して、徹底的な光対策とコストを抑えることに特化することで、よりルテインを身近な存在にしようと考えているのではないかとさえ思える内容に仕上がっています。

 

勿論、品質が悪いとかそういうことではありませんが、DHCの企業ポリシー的な視点で想像いたしますと、より質の良いものを低コストで広く普及させていく、といった企業戦略が見えてくるのです。

 

 

1日あたりのコストが約38円

ルテイン光対策は一袋30日分で税込み1234円。

 

これは1日あたりに換算すると41円という安さになります。

 

ルテイン系サプリメントは様々な商品が販売されていますが、1日41円というのは私の知る限りでは最も安いものです。

 

ルテインの効果は光の刺激から目の中の黄斑という組織を守ること。

 

黄斑は刺激を受けすぎると黄斑変性という病気になり、視界が歪んだり欠落してしまうという症状と向き合わなければならなくなります。

 

ルテインは40代頃から体内に蓄積される量が減り始めるので、黄斑を守るためには食事に加えサプリメントからもルテインを摂ることがおすすめです。

 

ただそうなると、毎日欠かさずルテインサプリを飲み続けることによる家計の固定費の増加という問題が出てきます。

 

毎日使うものだからこそコストはなるべく抑えたい。

 

サプリ選びにおいて、コストを考えるというのはとても重要な要素だと、DHCは考えたのではないでしょうか。

 

DHC

 

機能性表示食品だから安心

ルテイン光対策は機能性表示食品で、内容は「ルテインが黄斑色素濃度を高めてコントラスト感度を維持改善する」として、届出表示は以下のようになっております。

 

本品にはルテインが含まれます。ルテインはブルーライトの光刺激から眼を守る色素成分であり、眼の黄斑色素濃度を高めてコントラスト感度を維持・改善し、眼の調子を整えることが報告されています。
引用:DHC

 

ルテイン光対策は多くのルテインサプリの中でも特に価格の安いサプリですので、「本当にこのサプリは効果があるのかな?」と思いたくもなるでしょう。

 

そこでこの機能性表示食品という裏付けにより購入者の信用を得ることになると考えたのではないでしょうか。

 

DHCがこの商品の有用性を証明するために提出した科学的根拠の全てを消費者庁のサイトで誰でも自由に見ることができます。

 

安いサプリであるからこそ、こういった情報をしっかりと提供してくれるというのは、さすがDHCと言いたくなるところです。

 

DHC

 

通販以外でも気軽に買える

コンビニにDHCのサプリが置かれているのを見たことがありますよね。

 

このルテイン光対策も他のDHCサプリと同様に店頭販売されています。

 

多くのルテインサプリはインターネット通販専用商品となっていて、買うまでのハードルを感じてしまう方もいると思いますが、DHCのルテイン光対策は店頭で見つけたものを気軽に買うことができます。

 

もちろん通販もできますよ。


どこでも買いやすいDHCのルテイン光対策はこんな人に使って欲しい

DHC

光の刺激から目の健康を守りたい人

ルテイン光対策はその名の通りルテインを摂取し、光の強い刺激から目を守るためのサプリメントです。

 

ルテインは光の刺激から目を守る成分であり、サポート成分は全て抗酸化作用を助ける働きをします。

 

なので、ルテインを毎日摂り続けることで光の刺激による疲れ目や眼精疲労の改善、さらには深刻な黄斑変性を発症するリスクを抑えることができます。

 

疲れ目や眼精疲労に対してはアントシアニンなども有効成分として有名ですが、ひとまずルテインを摂取してブルーライトや紫外線から目の健康を守りたいという方にルテイン光対策はおすすめできます。

 

気軽に買いたい人

気軽に買うことができることもルテイン光対策の強みです。

 

買いたいと思った時にドラッグストアやコンビニで買うことができ、値段もルテインサプリの中で極めて安い部類に入り、更にDHCというブランド信用力があること。

 

少し目が気になるなぁと思った時に気軽に手を出すことができるサプリめんと。

 

それがルテイン光対策です。


ルテイン光対策を高評価している人の口コミ

DHC

 

 

DHCの「ブルーベリーエキス」と併用しています。パソコンを使う仕事なので、目がショボショボしたり、時には痛みがあったりしましたが、飲み始めて2週間位経った頃からスッキリしてきました。サプリメントは効果を実感できないものも少なくないようですが、本品はいい感じです。医薬品と違い速効性はないので、飲み続けたいと思っています。
(30代 女性)


 

 

飛蚊症で視野の中に大きめの円状のものと小さめの円状のものが見えるようになった。気休めで構わないくらいの気持ちでDHCのこの商品とブルーベリーエキスを2カ月飲んだ。値段が上がってしまったようなので今はこちらだけにしている。この商品にはメグスリノキやカシスも含まれているので。で、2カ月以上飲んだ結果だが、最初は半信半疑で気のせいか影が薄くなったような感じがするくらいのものだったが、今では大きめの円状の影はほとんど見えなくなった。

 

(50代 女性)



まとめ

ルテイン光対策はコンビニでもおなじみとなった、あのDHCが世に送り出した強い光への対策に特化したルテインサプリです。

 

いつでもどこでも気軽に買える身近さと安さが魅力ですが、機能性表示食品として目を労わる機能をしっかりと備えていますので、まずは目を守るということをお考えになられるのであれば、ルテインサプリ入門編として有用ではないでしょうか。

 

購入方法は販売チャンネルが沢山ありますので、最も簡単なのはお近くのコンビニへ行く事です。

 

通常価格は税込み 1234円(30日分)

 

DHCの公式ホームページからのオンライン購入も可能です。

 

 

 

amazonから少し安く買う事も出来ますので、こちらよりご覧ください。

 

税込み 986円(30日分) prime会員なら送料無料ですので、結構お得だと思います。

 

 

 

楽天の場合は、送料無料でやっているところでSUGAR_TIMEさんですと、1199円(30日分)、その他は何故か20日分というのが多いですね。
オンラインで購入するならば、ある程度まとめて購入したほうが良いかもしれませんね。

 

【送料無料】 DHC ルテイン 光対策 30日分 (30粒) ディーエイチシー 機能性表示食品

 

 

関連ページ

ルテインサプリの王者ひとみの専門店「朝のルテイン&プラセンタ」
業界最高含有量40mgのルテインを含むひとみの専門店「ルテイン&プランタン」は唯一のゼリー状サプリメントで水溶性。このため最も体内への吸収速度が早く効果が実感しやすいサプリです。プランタンを取り入れる事で、体の内外を共にケアするルテインサプリ王者と言えます
今注目の沖縄県産サプリ「一望百景」は琉球3素材が贅沢配合!
一望百景に使われているルテインは国産のマリーゴールド千寿菊。フリー体ルテインです。ルテインは光の刺激から目を守るために使われる成分で、ほうれん草など緑黄色野菜から摂っているもの。しかし、加齢にともなって体内のルテイン量は減少し、食事だけでは補えなくなります。
2016年モンドセレクション最高金賞受賞の実力「めなり」
「めなり」も売れているサプリメントの1つで、リピート率が93.9%という脅威の数字を公表しています。 「めなり」は、ルテインというよりもビルベリーに含まれるアントシアニンという色素を軸として、ルテインを加えたサプリメントと言えます。 ルテインが直接的にブルーライトから目を守るのに対して、アントシアニンはロドプシンの再合成に作用すると言われているので、光の検知、つまり目が見えるという機能を助ける働きをサポートするといった面を強く押し出したサプリメントになります。
ルテインとクロセチンがコラボ!目の健康サプリ「なごみアイ」
なごみアイにはルテインの他にクロセチンという成分が含まれています。クロセチンはルテインと同じカロチンの一種。目の血流を改善することで疲労軽減や網膜の保護といった効果が期待できます。そのクロセチンの大きな特徴が成分が吸収されるまでのスピードです。ゆっくりと体に吸収されるルテインと比べクロセチンの吸収はとても早く、摂取して4時間もすれば体中に行きわたります。
ブルーライトに特化した機能性表示サプリ「デスクラーク」
デスクラークには、20mgのルテインのほかに2種類のポリフェノールが含まれています。その2種にはそれぞれこだわりがあり、これがそのままデスクラークの特徴であると言えます。一つはマキベリー由来のポリフェノール。マキベリーからはアントシアニンというポリフェノールが抽出できます。
メニールテインゼアはルテイン増量で頂点を目指す!
メニールテインゼアはメニールテインが2015年にリニューアルされたサプリで、配合する栄養素が大きく見直され、ルテイン量を多くしたことはもちろん、「ゼア」の名の通りゼアキサンチンの量もアップ。これまで含まれていた色々な栄養素をカットした分、新たにEPAとビスメンチアミンが配合されました。
機能性表示食品「メラックスeye」はあの八幡物産の最高傑作サプリ?
メラックスeyeは機能性表示食品です。機能性表示食品とは、「食品としての安全性」と「健康目的として機能すると言える科学的な根拠」について、製品を発売する前に事業者(作った会社)が消費者庁長官へ届け出ることで表示できるものです。特定保健用食品(トクホ)とは違い、国がその機能性を審査し保証するものではありません。あくまで事業者が科学的根拠を届け出たことを表す制度です。
FANCL「えんきん」が実は日本初の目の機能性表示食品だった!
健康食品を日本で初めて「サプリメント」という名称で呼んだのがファンケル(FANCL)です。 そしてこのファンケルが作り出した、ルテインサプリが「えんきん」であり、目を守るサプリとして「スマホえんきん」という商品も開発しています。 なぜ2種類の目のサプリがあるかというと、販売ターゲットとする年齢層が違うからなんです。
小林製薬の「ルテインa」は製薬会社らしいしっかりとしたサプリメントです
ルテインaは機能性表示食品。機能性表示食品とは、その製品を作った企業が消費者庁に対し、製品の安全性と機能性について科学的根拠を提出することによって可能となる表示です。ルテインaの安全性と機能性も消費者庁のサイトを見ることで小林製薬が提出した資料を確認できます。
1億2000万個の販売実績を誇るわかさ生活のブルーベリーアイ
ブルーベリーアイはビルベリー由来のアントシアニンを中心に摂取できるアイケア系サプリメント。数あるアイケア系サプリの中でも特に人気のある商品で、実際に9年連続アイケアサプリ売り上げ1位という素晴らしい数字をもっています。