ひとみの専門店 朝のルテイン&プラセンタ

ルテインサプリの王者と呼ぶにふさわしい ひとみの専門店「朝のルテイン&プラセンタ」

ルテイン&プラセンタ

ひとみの専門店「朝のルテイン&プラセンタ」

 

ネットをご覧になられる方は、この名前を良く見かけるのではないでしょうか?

 

特に最近ではとても良く売れているルテインサプリになりますが、実はそれほど長い歴史を持ったサプリメントではありません。

 

でもこのサイトでは「王者」と名付けさせていただきました。

 

その理由を、まずどんなところが販売しているのか、から説明いたします。

 

店舗名 ひとみの専門店
運営会社 一般社団法人健康長寿
所在地

〒151-0061
東京都渋谷区初台1-47-1小田急西新宿ビル2階

事業内容

ひとみで本当に悩んでいる方を、
サプリメントを通じてサポートする非営利法人

設立 平成24年9月

 

実は、「ルテイン&プラセンタ」しか売っていない一般社団法人が製造販売をしています。

 

事業内容を見ていただくと解りますが、「非営利法人」なんですね。

 

自らの利益追求をするわけではなく、目の健康を真剣に考えて存続している法人ということです。


業界最高レベルのルテイン40mg!朝のルテイン&プラセンタとは?

ルテイン&プラセンタ

朝のルテイン&プラセンタは、その名の通りプラセンタ入りのルテインサプリ?

 

正確にはゼリー状の食品と言った方が良いかもしれません。

 

扱っているのは「ひとみの専門店」という社団法人。

 

平成24年からこの商品を販売しており、買った人のリピート率が92.8%という、商品の満足度がとても高いルテインサプリメントです。

 

価格は1ヶ月分で7840円(20%OFF価格)。
この記事を作成するにあたって多くのルテインサプリの価格を調べて見ましたが、1ヶ月7840円という価格は業界でも特に高価な部類に入ります。

 

この価格の理由は何なのか?

 

もちろんそれには理由があるのです。

 

朝のルテイン&プラセンタならではの特徴やメリットを紹介していきましょう。


朝のルテイン&プラセンタの特徴メリットとは?ココに注目!

ルテイン&プラセンタ

高価な水溶性ルテイン使用による手軽で素早い吸収力

ルテインは通常脂溶性。油に溶け水には溶けない性質をもっています。

 

よって多くのルテインサプリにも当然脂溶性のルテインが使われています。

 

しかし、今回紹介している朝のルテイン&プラセンタには、水溶性ルテインが使われています。

 

水溶性ルテインはとても高価なものですが、あえてこれを採用したことで大きなメリットが生まれました。

 

そのメリットとは手軽に食べられること。

 

朝のルテイン&プラセンタは食事前や朝起きたばかりなど、好きなタイミングで飲むことができます。

 

脂溶性ルテインと違って食後に飲むことにこだわる必要はありません。

 

ルテイン&プラセンタ

 

 

ルテインは絶えず補給し続ける必要のある栄養素です。

 

いつでも飲める手軽さという特徴は、ルテイン摂取という新しい習慣づくりを進めるうえで大きなメリットになるでしょう。

 

一袋にルテイン40mg入りは業界最高水準

ルテイン&プラセンタ

多くのルテインサプリを比較調査してみましたが、一食でルテイン40mgというのは間違いなく業界最高水準です。

 

そしてこの40mgのルテインは品質も最高水準で、吸収力の高いフリー体ルテインFloraGLO(フローラグロー)が使われています。

 

フリー体ルテインには、そうでないものと比べて2倍の吸収力があります。

 

 

さらにルテイン&プラセンタには、ルテインの仲間であるゼアキサンチンも配合されています。

 

ゼアキサンチンはルテインと役割分担をしながら目を光の刺激から守る成分。

 

この両方が含まれていることから、目の中の網膜のどの部分に刺激が来てもそれを防ぐことができます。

 

抗酸化作用をもつプラセンタで老化防止

商品名にも含まれているプラセンタ

 

これは胎盤から抽出されたエキスで、豊富な栄養が含まれています。

 

実際、動物の中には出産時に出てきた胎盤を食べてしまうものもいます。

 

これは胎盤が胎児の急激な成長を支える栄養の補給源であり、それを食べることで栄養をたっぷりと摂取できるからなのですね。

 

そのプラセンタには抗酸化作用があります。

 

老化とは体の酸化。

 

抗酸化作用とは、体が年老いていく現象を緩やかなものにするという働きと言えます。

 

肌はもちろんのこと、血管や内臓の機能の低下をおさえることが期待できます。

 

 

めずらしいゼリータイプのルテインサプリ。おいしいマンゴー味

ルテイン&プラセンタ

多くのルテインサプリがカプセルタイプである中、朝のルテイン&プラセンタはゼリータイプのサプリメントです。味はマンゴー

 

人工甘味料は使っていないので、安心して使用することができます。

 

ゼリータイプということで、飲む際に水を用意する必要もなければ食後に飲む必要もありません。

 

自由においしく飲むことができる、それが朝のルテイン&プラセンタの特徴です。


やっぱりおススメ!朝のルテイン&プラセンタはこんな人に使って欲しい

ルテイン&プラセンタ

黄斑変性や白内障が気になる人

 

黄斑変性や白内障など、加齢に伴ってリスクが高まる目のトラブルの悩みをもつ人に、朝のルテイン&プラセンタはおすすめできます。

 

目の中にある黄斑部という組織は、ルテインとゼアキサンチンによって常に光の刺激から守られています。

 

しかし、そのルテインは40代から体内にある量が減り始め、50代では若いころの半分にまで減ってしまいます。

 

そうなると光の刺激から目を守る存在がなくなり、やがて深刻なトラブルに発展してしまうのです。

 

この悩みに対応するために必要な1日のルテイン摂取量は20mg。

 

朝のルテイン&プラセンタは良質なルテインを40mg摂ることができるので、加齢による目のトラブルに対応するためのサプリとして十分な働きをしてくれるでしょう。

 

喫煙している人

 

目のトラブルが気になる人の中でも、特に喫煙者におすすめなのがこの朝のルテイン&プラセンタ。

 

その理由は、このサプリに含まれるプラセンタに活性酸素を和らげてくれる効果が期待できるからです。

 

喫煙によるリスクの一つに、活性酸素の発生があります。

 

活性酸素は全身の肌にシワやシミを作るほか、毛細血管を弱らせることから重大な目のトラブルである黄斑変性発症のリスクにも関わってきます。

 

抗酸化作用をもつプラセンタを日常的に摂取すれば、喫煙をしている人の目と老化の心配を同時に解消することが期待できますよ。

 

気軽にサプリメントを口に入れたい人

ルテイン&プラセンタ

朝のルテイン&プラセンタには水溶性ルテイン、スティックに入ったゼリータイプという2つの特徴があります。

 

そのため、時間や場所、タイミングを選ばずに自分の好きな飲み方を選ぶことができます

 

1スティックずつ持ち運びができるので、旅行先や通勤途中などでの服用も簡単です。


朝のルテイン&プラセンタを高評価している人の口コミ

ルテイン&プラセンタ

 

 

仕事で1日中PCを見ているので、目の奥まで重かったり、首筋や肩こりは職業病だとあきらめていましたが、このサプリを食べはじめてからその症状が軽減したことを実感しました。
(40代男性)


 

 

3週間食べてみて、目の悩みがなくなったことに驚いています。
スマートフォンの細かい字が目がかすんで見えづらかったのですが、今は改善されています。
(30代女性)


 

 

朝忙しくしているとサプリメントだと結構忘れてしまいがちになりますが、マンゴー味のゼリーというのは良いですね。
私がマンゴー好きというのもありますが、今のところ続いています。
もう1ヶ月以上になりますが、私はかなり効果があった方なんじゃないかと思っています。
目の疲れもですが寝る前に鏡を見たときの肌艶感というか変わったと感じています。
(40代女性)


 

 

長時間パソコンを使う仕事をしています。今まで何とも無かったのですが、気がついたときには黄斑変性にかかっていました。今はまだ医者にかかっていませんが、ルテインを飲んでからかれこれ1年ほどは安定しているように思います。値段は高いですが、私は良い食べ物だと思います。
(40代 男性)



まとめ

ルテイン&プラセンタ

朝のルテイン&プラセンタは多くのルテインサプリの中でも珍しいゼリータイプのサプリメントです。

 

業界最高水準のルテイン量と、若さの維持につながるプラセンタが入ったこのサプリは、目の健康を求める方にはもちろん、喫煙に伴う美容や目のリスクに対応したい方、手軽にサプリメントを摂取したい方にもおすすめできる商品です。

 

ルテインで外敵から目を守りながら、体そのものを健康にしていくという手法は、ほぼ全てのルテインサプリに言える事でしょう。

 

でも、どれだけ体に早く吸収され効果として体感できていくかということは、折角お金を出してルテインを補填していくわけですから、最も重要なことではないでしょうか?

 

なんと言っても非営利法人が本気で取組んで出来た、品質、食べやすさ、そして体内への吸収の早さは、ルテインサプリの王者にふさわしい商品と言えます。

 

但し、体への吸収されやすさ、つまり実感できる効果を優先させたがゆえに、1本毎にスティック梱包が必要になってしまったり、40mgもの最高品質のルテインを配合した事で、どうしても他のサプリと比べて値段が高くなってしまった、というところだと思います。

 

通常価格ですと、1ヶ月 9800円で30本入り。
1日 327円です。
ひとみの専門店公式サイト

 

でも、自分はこれに決めて続けてみるんだ、という方ならば通常よりも20%お得な定期購入がおすすめです。
定期購入ですと、1ヶ月 7840円(20%OFF)
1日 261円になります。
ひとみの専門店公式サイト

 

 

実は、限定でかなりお得なキャンペーンをやっています。

 

初回のみ3920円(通常価格の半値以下)で、以降も2〜3回目まで20%OFFで7840円、4〜6回目まで25%OFFで7350円、そして7回目以降はずっと30%OFFで6860円になります。

 

30%OFFになりますと、1日 230円

 

長く続けてみたいと考えておられるならば、これが一番おすすめになります。

 


 

でも、価格の事で悩んでいるという方でしたら、まずは「500円お試しモニター」に申し込まれてみてはいかがでしょうか?

 

これは5日間分だけになりますが、1本あたり100円で送料も無料です。

 

まずはこれで「ルテイン&プラセンタ」を試してみて、それからご自身で判断されるのが一番良いのではないかと思います。

 

関連ページ

今注目の沖縄県産サプリ「一望百景」は琉球3素材が贅沢配合!
一望百景に使われているルテインは国産のマリーゴールド千寿菊。フリー体ルテインです。ルテインは光の刺激から目を守るために使われる成分で、ほうれん草など緑黄色野菜から摂っているもの。しかし、加齢にともなって体内のルテイン量は減少し、食事だけでは補えなくなります。
2016年モンドセレクション最高金賞受賞の実力「めなり」
「めなり」も売れているサプリメントの1つで、リピート率が93.9%という脅威の数字を公表しています。 「めなり」は、ルテインというよりもビルベリーに含まれるアントシアニンという色素を軸として、ルテインを加えたサプリメントと言えます。 ルテインが直接的にブルーライトから目を守るのに対して、アントシアニンはロドプシンの再合成に作用すると言われているので、光の検知、つまり目が見えるという機能を助ける働きをサポートするといった面を強く押し出したサプリメントになります。
ルテインとクロセチンがコラボ!目の健康サプリ「なごみアイ」
なごみアイにはルテインの他にクロセチンという成分が含まれています。クロセチンはルテインと同じカロチンの一種。目の血流を改善することで疲労軽減や網膜の保護といった効果が期待できます。そのクロセチンの大きな特徴が成分が吸収されるまでのスピードです。ゆっくりと体に吸収されるルテインと比べクロセチンの吸収はとても早く、摂取して4時間もすれば体中に行きわたります。
ブルーライトに特化した機能性表示サプリ「デスクラーク」
デスクラークには、20mgのルテインのほかに2種類のポリフェノールが含まれています。その2種にはそれぞれこだわりがあり、これがそのままデスクラークの特徴であると言えます。一つはマキベリー由来のポリフェノール。マキベリーからはアントシアニンというポリフェノールが抽出できます。
メニールテインゼアはルテイン増量で頂点を目指す!
メニールテインゼアはメニールテインが2015年にリニューアルされたサプリで、配合する栄養素が大きく見直され、ルテイン量を多くしたことはもちろん、「ゼア」の名の通りゼアキサンチンの量もアップ。これまで含まれていた色々な栄養素をカットした分、新たにEPAとビスメンチアミンが配合されました。
機能性表示食品「メラックスeye」はあの八幡物産の最高傑作サプリ?
メラックスeyeは機能性表示食品です。機能性表示食品とは、「食品としての安全性」と「健康目的として機能すると言える科学的な根拠」について、製品を発売する前に事業者(作った会社)が消費者庁長官へ届け出ることで表示できるものです。特定保健用食品(トクホ)とは違い、国がその機能性を審査し保証するものではありません。あくまで事業者が科学的根拠を届け出たことを表す制度です。
DHCの「光対策」は何気にルテイン16mgを調合した優れもの!
ルテイン光対策は目を光の刺激から守る成分であるルテイン中心にした目を守るためのサプリメントです。ルテインは16mg入っていて、機能性表示食品でもあります。製造販売しているのはDHCはご存知の通り化粧品からサプリメントまで幅広く扱う会社で、特にドラッグストアやコンビニで買える袋入りのサプリメントは有名ですね。
FANCL「えんきん」が実は日本初の目の機能性表示食品だった!
健康食品を日本で初めて「サプリメント」という名称で呼んだのがファンケル(FANCL)です。 そしてこのファンケルが作り出した、ルテインサプリが「えんきん」であり、目を守るサプリとして「スマホえんきん」という商品も開発しています。 なぜ2種類の目のサプリがあるかというと、販売ターゲットとする年齢層が違うからなんです。
小林製薬の「ルテインa」は製薬会社らしいしっかりとしたサプリメントです
ルテインaは機能性表示食品。機能性表示食品とは、その製品を作った企業が消費者庁に対し、製品の安全性と機能性について科学的根拠を提出することによって可能となる表示です。ルテインaの安全性と機能性も消費者庁のサイトを見ることで小林製薬が提出した資料を確認できます。
1億2000万個の販売実績を誇るわかさ生活のブルーベリーアイ
ブルーベリーアイはビルベリー由来のアントシアニンを中心に摂取できるアイケア系サプリメント。数あるアイケア系サプリの中でも特に人気のある商品で、実際に9年連続アイケアサプリ売り上げ1位という素晴らしい数字をもっています。