今注目の沖縄県産サプリ「一望百景」は琉球3素材が贅沢配合!

今注目の沖縄県産サプリ「一望百景」は琉球3素材が贅沢配合!

一望百景

沖縄産にこだわり、成分の全てを沖縄から調達をする事で生まれた、純沖縄県産ルテインサプリ「一望百景」

 

製造販売しているのは、以外にも沖縄の会社ではないんですね。

 

店舗名 マイケア
会社名 有限会社マイケア
所在地

〒162-0845
 東京都新宿区市谷本村町2-5

設立 2005年6月
事業内容 食品、化粧品の仕入れ・販売

 

マイケアの名で様々な食品や化粧品を通信販売している会社です。
事業内容が仕入れとなっているので、自社開発というよりも、各地の良品を発見して、あるいは企画をして作ってもらっているのか、どちらにしろ良品を集めて独占契約をして通信販売をしているであろう事は想像がつきます。

 


沖縄県産マリーゴールドを贅沢に使った一望百景はこんなサプリメント

一望百景

一望百景は光の刺激から目を守る成分であるルテインと、同じく目の健康を支えるアントシアニン、フコイダンを補うことができるルテイン系サプリメントです。

 

沖縄県産の素材を贅沢に使っており、他のルテイン系サプリとは一味違った特徴をもっています。

 

ルテインを採るためのマリーゴールドにしても、定番のアントシアニンにしても、それら全てを沖縄県産の食物から抽出しているという拘り。

 

同じ成分でも純国産にこだわり、沖縄にこだわる、他の全てのルテインサプリとは一線を引いた商品作りをしている事に注目です。

 

 


一望百景の特徴メリットとは?ココに注目!

メラックスeye

国産マリーゴールド「千寿菊」から抽出したフリー体ルテイン20mg

一望百景

一望百景に使われているルテインは国産のマリーゴールド千寿菊。フリー体ルテインです。

 

ルテインは光の刺激から目を守るために使われる成分で、ほうれん草など緑黄色野菜から摂っているもの。

 

しかし、加齢にともなって体内のルテイン量は減少し、食事だけでは補えなくなります。

 

そこで必要になるのがルテインサプリですが、一望百景はそのルテインを20mg含んでいます。

 

20mgは加齢によりルテインが減少している人の推奨摂取ルテイン量そのもの。

 

一望百景は加齢に伴うアイケアの選択肢として十分な成分が含まれていると言えます。

 

加えて、使われているルテインがフリー体ルテインであることも大きなポイント。

 

ルテインにはフリー体ルテインとエステル体ルテインとがありますが、エステル体ルテインはフリー体の半分程度しか吸収力がありません。

 

一望百景のルテイン20mgは正真正銘の20mg。摂取した量がそのまま体内に吸収されていきます。

 

 

沖縄県産素材を3種類配合した「くわっちー処方」

一望百景

多くのルテインサプリが売られている中、一望百景だけが持つ特徴が沖縄県産の素材を3種類配合した「くわっちー処方」。

 

その3種類とは紅イモ、カンダバー、沖縄もずくです。

 

まず紅イモですが、これはすごいですよ。防疫上の理由で沖縄県の外に持ち出すことが禁止されている食材なんです。これを聞くだけでもう珍しさ満点ですね。
含まれている成分はアントシアニン。ほとんどのサプリがブルーベリーやビルベリーから抽出しているアントシアニンを、一望百景は沖縄限定の紅イモから抽出しているわけです。

 

次にカンダバー。これはイモの葉っぱです。
イモの葉っぱと聞くと何に使うのかピンときませんが、沖縄では日常的に食べているのだそうです。

 

さて、カンダバーに期待されている成分はルテイン。一望百景はマリーゴールドの20mgに加え、カンダバーからのルテインも含まれているということになります。

 

一望百景

最後に沖縄もずく。沖縄と言えばもずくですね。沖縄を代表する健康食品です。

 

さて、この沖縄もずくにはフコイダンという成分が含まれています。

 

人間の本来もっている健康であり続けようとする力を強めてくれる効果が期待されていて、フコイダンを中心に摂取するサプリメントも発売されています。

 

この通り、一望百景には沖縄県に深いかかわりのある食材が3種使われており、そのことが一望百景だけにしかない個性と魅力を生んでいるのです。


やっぱり純国内産がイイ!一望百景はこんな人に使ってほしい

一望百景

国産素材を使ったルテインサプリを求めている人

特徴の項目でも紹介したように、一望百景は沖縄県産の素材をふんだんに詰め込んだサプリです。

 

さらにはルテイン用のマリーゴールドも国産の千寿菊を使うという徹底した国産素材へのこだわりがあります。

 

他のルテインサプリでは海外で開発されたルテイン「フローラグロー」やアントシアニン「ビルベリーエキス」の使用を長所としてあげていますが、一望百景はどちらも使用せずに日本産の素材でルテインとアントシアニンの抽出を達成しています。

 

できるだけ国産素材を使ったサプリを使いたい、他のサプリで使われていない原料を試してみたいという人には、これほどピッタリなサプリメントはなかなかないでしょう。

 

一度試してから慎重に購入を決めたい人

一望百景には全額返金保証があります。試してみて自分の求めていた効果を感じられないようであれば、返金してもらうことができます。

 

ルテインサプリの中では安くもなく高くもない真ん中ぐらいのコストです。

 

それでも固定費として毎月買うものとなると購入の判断も慎重に進めたいもの。

 

全額返金保証を安心材料にしながらまずは1ヶ月試してみるといいですね。


一望百景を高評価している人の口コミ

メラックスeye

 

 

いつもはパソコンを少し使うと目がしょぼしょぼしたりかすんだりしていましたが、一望百景を使っている間はそれをあまり感じませんでした。
試しに他のサプリに変えたところ、ショボショボ感が出てきました。
(30代 男性)



まとめ

一望百景

一望百景は沖縄県にゆかりのある素材3種をたっぷりと配合したルテイン系サプリメントです。

 

価格は定期コースの「とくとく便」で1ヶ月1620円。ルテイン系サプリの中では1日あたりのコストが比較的安い部類に入ります。

 

一望百景は1日あたりのコストが約60円

 

国産素材で作られたサプリにこだわりたい、他のサプリと違った原料で作られたサプリを試してみたいという方は返金保証を利用してまずは1ヶ月試してみてはいかがでしょうか。

 


関連ページ

ルテインサプリの王者ひとみの専門店「朝のルテイン&プラセンタ」
業界最高含有量40mgのルテインを含むひとみの専門店「ルテイン&プランタン」は唯一のゼリー状サプリメントで水溶性。このため最も体内への吸収速度が早く効果が実感しやすいサプリです。プランタンを取り入れる事で、体の内外を共にケアするルテインサプリ王者と言えます
2016年モンドセレクション最高金賞受賞の実力「めなり」
「めなり」も売れているサプリメントの1つで、リピート率が93.9%という脅威の数字を公表しています。 「めなり」は、ルテインというよりもビルベリーに含まれるアントシアニンという色素を軸として、ルテインを加えたサプリメントと言えます。 ルテインが直接的にブルーライトから目を守るのに対して、アントシアニンはロドプシンの再合成に作用すると言われているので、光の検知、つまり目が見えるという機能を助ける働きをサポートするといった面を強く押し出したサプリメントになります。
ルテインとクロセチンがコラボ!目の健康サプリ「なごみアイ」
なごみアイにはルテインの他にクロセチンという成分が含まれています。クロセチンはルテインと同じカロチンの一種。目の血流を改善することで疲労軽減や網膜の保護といった効果が期待できます。そのクロセチンの大きな特徴が成分が吸収されるまでのスピードです。ゆっくりと体に吸収されるルテインと比べクロセチンの吸収はとても早く、摂取して4時間もすれば体中に行きわたります。
ブルーライトに特化した機能性表示サプリ「デスクラーク」
デスクラークには、20mgのルテインのほかに2種類のポリフェノールが含まれています。その2種にはそれぞれこだわりがあり、これがそのままデスクラークの特徴であると言えます。一つはマキベリー由来のポリフェノール。マキベリーからはアントシアニンというポリフェノールが抽出できます。
メニールテインゼアはルテイン増量で頂点を目指す!
メニールテインゼアはメニールテインが2015年にリニューアルされたサプリで、配合する栄養素が大きく見直され、ルテイン量を多くしたことはもちろん、「ゼア」の名の通りゼアキサンチンの量もアップ。これまで含まれていた色々な栄養素をカットした分、新たにEPAとビスメンチアミンが配合されました。
機能性表示食品「メラックスeye」はあの八幡物産の最高傑作サプリ?
メラックスeyeは機能性表示食品です。機能性表示食品とは、「食品としての安全性」と「健康目的として機能すると言える科学的な根拠」について、製品を発売する前に事業者(作った会社)が消費者庁長官へ届け出ることで表示できるものです。特定保健用食品(トクホ)とは違い、国がその機能性を審査し保証するものではありません。あくまで事業者が科学的根拠を届け出たことを表す制度です。
DHCの「光対策」は何気にルテイン16mgを調合した優れもの!
ルテイン光対策は目を光の刺激から守る成分であるルテイン中心にした目を守るためのサプリメントです。ルテインは16mg入っていて、機能性表示食品でもあります。製造販売しているのはDHCはご存知の通り化粧品からサプリメントまで幅広く扱う会社で、特にドラッグストアやコンビニで買える袋入りのサプリメントは有名ですね。
FANCL「えんきん」が実は日本初の目の機能性表示食品だった!
健康食品を日本で初めて「サプリメント」という名称で呼んだのがファンケル(FANCL)です。 そしてこのファンケルが作り出した、ルテインサプリが「えんきん」であり、目を守るサプリとして「スマホえんきん」という商品も開発しています。 なぜ2種類の目のサプリがあるかというと、販売ターゲットとする年齢層が違うからなんです。
小林製薬の「ルテインa」は製薬会社らしいしっかりとしたサプリメントです
ルテインaは機能性表示食品。機能性表示食品とは、その製品を作った企業が消費者庁に対し、製品の安全性と機能性について科学的根拠を提出することによって可能となる表示です。ルテインaの安全性と機能性も消費者庁のサイトを見ることで小林製薬が提出した資料を確認できます。
1億2000万個の販売実績を誇るわかさ生活のブルーベリーアイ
ブルーベリーアイはビルベリー由来のアントシアニンを中心に摂取できるアイケア系サプリメント。数あるアイケア系サプリの中でも特に人気のある商品で、実際に9年連続アイケアサプリ売り上げ1位という素晴らしい数字をもっています。