厳選ルテインサプリ比較ベスト10プラス1

1億2000万個の販売実績を誇るわかさ生活のブルーベリーアイ

ブルーベリーアイ

販売実績を見ていただくだけでも、どれだけの実績のあるサプリかわかって頂けるのではないかと思います。

 

もう有名ですよね、わかさ生活の「ブルーベリーアイ」。

 

販売店名 わかさ生活
販売会社 株式会社わかさ生活
所在地 〒600-8008 京都市下京区四条烏丸長刀鉾町22 三光ビル (受付)
創業 1998年4月23日
事業内容

サプリメント(ブルーベリー・カシス等の果実、ローズ等の素材)の商品企画及び研究開発、販売営業
化粧品や美容食品の開発及び販売
海外事業
女子プロ野球運営及び女子野球普及活動

 

ホールディングカンパニー制度を採用する京都の会社ですね。

 

京都って本当に優秀な経営者を輩出する土地だと思います、京セラ、DDIの稲盛会長など。

 

京都の地で生まれた、わかさ生活のロングセラーを続けているヒットサプリメントが、この「ブルーベリーアイ」です。


アイケアサプリのキング「ブルーベリーアイ」はこんなサプリメント

一望百景

ブルーベリーアイはビルベリー由来のアントシアニンを中心に摂取できるアイケア系サプリメント。

 

数あるアイケア系サプリの中でも特に人気のある商品で、実際に9年連続アイケアサプリ売り上げ1位という素晴らしい数字をもっています。

 

製造販売を行っているのはわかさ生活で、この会社は1998年に創業され、これまで多くのサプリメントを日本国内で販売しています。

 

そのわかさ生活が最初に市場投入したもっとも大切なサプリメントがこのブルーベリーアイです。

 

会社の成長と共に長年販売され続けてきたわかさ生活の主力商品であり代名詞と呼べるサプリメントですね。

 

 


ブルーベリーアイの特徴メリットとは?ココに注目!

ブルーベリーアイ

ビルベリーをナノ化。わかさ生活だけの特許技術で吸収力2倍

ブルーベリーアイ

わかさ生活の主力製品であるブルーベリーアイ。

 

20年続いているこの会社の理念は「ブルーベリーで世界一を目指す目の総合健康企業」。

 

会社マスコットも当然ブルーベリーのキャラであるなど、ブルーベリーに対するこだわりは並々ならぬものがあります。

 

そのわかさ生活は、ビルベリーについて特許技術をひとつ持っています。

 

それがビルベリーのナノ化。ビルベリーエキスをかぎりなく小さな粒子にすることで、通常のビルベリーの2倍の吸収力をもたせることに成功しています。

 

ブルーベリーアイのビルベリーエキス配合量は160mg。

 

しかし、この160mgは通常の2倍の吸収力をもつ特別な160mgなのです。

 

時代のニーズに合わせ、ルテインの配合量を実用レベルに

ブルーベリーアイ

現在販売されているブルーベリーアイは18代目。

 

今回のリニューアルでルテインの配合量が見直され、これまでの0.4mgから6mgへと、実に15倍の配合量となりました。

 

アイケアサプリ業界ではルテインのもつ目の深刻な病気に対する効能が重視され、多くのルテインサプリが次々と発売されています。

 

ビルベリー中心のサプリとしてアイケアサプリの一位に君臨し続けてきたブルーベリーアイも、そのルテイン重視の流れにしっかりと対応したのです。

 

17回のリニューアルで常に業界第一線の品質と信用を維持

ブルーベリーアイ

ブルーベリーアイはわかさ生活が20年の会社経営の中で長く育ててきたブランド。

 

アイケアサプリの王様です。

 

アイケアサプリ9年連続売上高一位という素晴らしい数字を生み出している理由が計17回にも及ぶリニューアル。

 

20年の歴史の中で17回のリニューアルです。

 

いかに早いペースでブラッシュアップしてきたのかがわかると思います。

 

20年間、多くの利用者に選ばれてきたブルーベリーアイ。

 

その期待を裏切らぬよう、常に業界を見渡し利用者のニーズに応える商品開発が続けられてきました。

 

今売られている18代目ブルーベリーアイにはその試行錯誤のノウハウと20年間の利用者達の願いがぎっしりと詰まっているのです。


最も売れているバランスの良いブルーベリーアイはこんな人に使って欲しい

一望百景

疲れ目や眼精疲労をしっかりと対策したい人

ブルーベリーアイが最も自身をもつ成分がビルベリー由来のアントシアニン。

 

特許技術を生かした製法で作られたビルベリーエキスからは、良質のアントシアニンを大量に摂取することができます。

 

 

アントシアニンの効能として期待できるのが眼精疲労の回復や視力の改善

疲れ目や眼精疲労の悩みからアントシアニンを摂取したいと考えている人にとって、これほど最適なサプリはないでしょう。

 

実績と信用のあるサプリメントを使いたい人

特徴の項で説明した通り、ブルーベリーアイには20年間積み上げてきた圧倒的な信用があります。

 

その信用は当然そのまま実績につながり、アイケアサプリ売上9年連続1位を達成しました。

 

ブルーベリーと20年間向き合い続けてきたわかさ生活。

 

会社の代名詞として多くの利用者に支持されてきたブルーベリーアイは、実績と信用のあるサプリメントを選びたいと考えている人にとって良い選択肢の一つとなると思います。


ブルーベリーアイを高評価している人の口コミ

ブルーベリーアイ

 

 

PCを使った仕事をしている事もあり、疲れ目対策にお試しさせていただきました。
体に良いものだけ100%というコンセプトで、
ビルベリーを中心に20種類の健康成分が含まれているサプリメント。
続けて飲むうちに、目の疲れが軽くなったような気がします。
一日1粒だけですし、クセも無いので続けやすかったです。
効果を感じるためにもっと続けてみたいなと思うサプリでした。
(30代 女性)


 

 

飲み始めて3週間近く経ちます。

 

コンタクトレンズをしているので、目からくる
首のこり、肩こり、頭痛がひどかったのだけど
飲み始めてから首の凝りがすごく楽になりました。

 

目も充血しやすかったのが、充血しなくなりましたし
本当に体が楽になりました。
(40代 女性)



まとめ

ブルーベリーアイ

アイケアサプリを語るうえでわかさ生活のブルーベリーアイは外せません。

 

一度多くのアイケアサプリを比較してみれば、ブルーベリーアイのもつ圧倒的な歴史と実績、積み上げられた多くの利用者からの信用に気付くことでしょう。

 

価格は定期コースで一ヶ月1880円。ただし初回は980円で購入できます。

 

1日あたり 63円ですから、この品質の価格としてはオススメできるサプリですね。

 

 

楽天でブルーベリーアイの最安値を見てみる

 

わかさの「ブルーベリーアイ」って、実はルテインサプリの中に入れても良いか迷いました。

 

でもメーカーが言うアイケア、というよりも、特に女性が若々しさを保ち、アンチエイジング用にという気持ちも込めて、10選+1の中の1が、この「ブルーベリーアイ」です。

 

さすがわかさ生活と言いますか、知るほどに良いサプリメントの1つだと思います。


関連ページ

ルテインサプリの王者ひとみの専門店「朝のルテイン&プラセンタ」
業界最高含有量40mgのルテインを含むひとみの専門店「ルテイン&プラセンタ」は唯一のゼリー状サプリメントで水溶性。このため最も体内への吸収速度が早く効果が実感しやすいサプリです。プランタンを取り入れる事で、体の内外を共にケアするルテインサプリ王者と言えます
今注目の沖縄県産サプリ「一望百景」は琉球3素材が贅沢配合!
一望百景に使われているルテインは国産のマリーゴールド千寿菊。フリー体ルテインです。ルテインは光の刺激から目を守るために使われる成分で、ほうれん草など緑黄色野菜から摂っているもの。しかし、加齢にともなって体内のルテイン量は減少し、食事だけでは補えなくなります。
2016年モンドセレクション最高金賞受賞の実力「めなり」
「めなり」も売れているサプリメントの1つで、リピート率が93.9%という脅威の数字を公表しています。 「めなり」は、ルテインというよりもビルベリーに含まれるアントシアニンという色素を軸として、ルテインを加えたサプリメントと言えます。 ルテインが直接的にブルーライトから目を守るのに対して、アントシアニンはロドプシンの再合成に作用すると言われているので、光の検知、つまり目が見えるという機能を助ける働きをサポートするといった面を強く押し出したサプリメントになります。
ルテインとクロセチンがコラボ!目の健康サプリ「なごみアイ」
なごみアイにはルテインの他にクロセチンという成分が含まれています。クロセチンはルテインと同じカロチンの一種。目の血流を改善することで疲労軽減や網膜の保護といった効果が期待できます。そのクロセチンの大きな特徴が成分が吸収されるまでのスピードです。ゆっくりと体に吸収されるルテインと比べクロセチンの吸収はとても早く、摂取して4時間もすれば体中に行きわたります。
ブルーライトに特化した機能性表示サプリ「デスクラーク」
デスクラークには、20mgのルテインのほかに2種類のポリフェノールが含まれています。その2種にはそれぞれこだわりがあり、これがそのままデスクラークの特徴であると言えます。一つはマキベリー由来のポリフェノール。マキベリーからはアントシアニンというポリフェノールが抽出できます。
メニールテインゼアはルテイン増量で頂点を目指す!
メニールテインゼアはメニールテインが2015年にリニューアルされたサプリで、配合する栄養素が大きく見直され、ルテイン量を多くしたことはもちろん、「ゼア」の名の通りゼアキサンチンの量もアップ。これまで含まれていた色々な栄養素をカットした分、新たにEPAとビスメンチアミンが配合されました。
機能性表示食品「メラックスeye」はあの八幡物産の最高傑作サプリ?
メラックスeyeは機能性表示食品です。機能性表示食品とは、「食品としての安全性」と「健康目的として機能すると言える科学的な根拠」について、製品を発売する前に事業者(作った会社)が消費者庁長官へ届け出ることで表示できるものです。特定保健用食品(トクホ)とは違い、国がその機能性を審査し保証するものではありません。あくまで事業者が科学的根拠を届け出たことを表す制度です。
DHCの「光対策」は何気にルテイン16mgを調合した優れもの!
ルテイン光対策は目を光の刺激から守る成分であるルテイン中心にした目を守るためのサプリメントです。ルテインは16mg入っていて、機能性表示食品でもあります。製造販売しているのはDHCはご存知の通り化粧品からサプリメントまで幅広く扱う会社で、特にドラッグストアやコンビニで買える袋入りのサプリメントは有名ですね。
FANCL「えんきん」が実は日本初の目の機能性表示食品だった!
健康食品を日本で初めて「サプリメント」という名称で呼んだのがファンケル(FANCL)です。 そしてこのファンケルが作り出した、ルテインサプリが「えんきん」であり、目を守るサプリとして「スマホえんきん」という商品も開発しています。 なぜ2種類の目のサプリがあるかというと、販売ターゲットとする年齢層が違うからなんです。
小林製薬の「ルテインa」は製薬会社らしいしっかりとしたサプリメントです
ルテインaは機能性表示食品。機能性表示食品とは、その製品を作った企業が消費者庁に対し、製品の安全性と機能性について科学的根拠を提出することによって可能となる表示です。ルテインaの安全性と機能性も消費者庁のサイトを見ることで小林製薬が提出した資料を確認できます。