メニールテインゼアはルテインとゼアキサンチン増量!

リニューアルしたメニールテインゼアはルテインとゼアキサンチン増量で頂点に立てるか?

メニールテインゼア表紙

あなたの周りに白内障や黄斑変性など、目に関する悩みをもっている人はいませんか?

 

目のトラブルは40代50代など、ある程度年齢を重ねた人に現れやすいものです。

 

さらに、最近では20代30代でも目のトラブルを抱える人が増えています。

 

スマホやパソコン作業によってブルーライトなどの光の刺激を目が受け続けることが理由で、疲れ目や眼精疲労、慢性的なものになればそれこそ黄斑変性などの深刻なトラブルに発展してしまいます。

 

目のトラブルを防ぐ方法としてルテインの補填が必要です。

 

この記事では加齢や目を酷使するライフスタイルによって起きる目のトラブルの解決方法として、ルテインサプリ「メニールテインゼア」をご紹介いたします。

 

メニールテインゼアは、HBMライフネット本店というところが販売しています。

 

店舗名 HBMライフネット本店
販売業者 岸本 健二
所在地

〒590-0143
大阪府 堺市南区 新檜尾台 4-20-14

取扱商品 健康補助食品

リニューアルして「ゼア」の名をつけたメニールテインゼアはこんなサプリメント

メニールテインゼア

メニールテインゼアは、「ルテイン」という成分を摂取することができるサプリメントです。

 

ルテインとは光による刺激から眼球を守る働きをする重要な成分ですが、加齢とともに減少することがわかっています。

 

なので、ルテイン食材である緑黄色野菜以外にもルテインを補充するサプリメントが必要になるのです。

 

このメニールテインゼアは、元々愛用者の多かったメニールテインというサプリが2015年にリニューアルされたものです。

 

リニューアルにあたっては、1日1カプセルはそのままに、配合する栄養素が大きく見直されました。

 

ルテイン量を多くしたことはもちろん、「ゼア」の名の通りゼアキサンチンの量もアップ。

 

そしてこれまで含まれていた色々な栄養素をカットした分、新たにEPAとビスメンチアミンが配合されました。

 

 

リニューアルによってより目の健康維持やトラブル改善に特化したサプリ。それがメニールテインゼアです。


メニールテインゼアの特徴メリットとは?ここに注目!

ルテインナイトとブルーベリーキング

メニールテインゼアの特徴は以下の通り。

 

目を守ることに特化したこのサプリには、光の刺激から目を守る成分や目の疲労を和らげる成分が特に豊富に含まれています。

 

32mgのフリー体ルテインと3.2mgのゼアキサンチン

目のトラブル予防や改善に取り組む場合は、1日にルテインを20mgとることが勧められています。

 

メニールテインゼアはそのルテインを32mg含んでいます。

 

1粒でこれだけのルテインを摂れるということがこのサプリの強みです。

 

また、メニールテインゼアに使われているルテインは、ケミン・ヘルスの特許製法にもこだわって、FloraGLO(フローラグロー)100%の「フリー体ルテイン」を採用しています。

 

ルテインサプリの中にはエステル体ルテインといって摂取したうちの半分しか体内に吸収できないルテインを使ったものもありますので、フリー体ルテインを使っているメニールテインゼアはルテインの品質にとことんこだわったサプリと言えます。

 

もう一つ、メニールテインゼアの大きな特徴が、3.2mgのゼアキサンチンです。

 

3.2mgという量は多くのルテインサプリの中でもトップクラスのゼアキサンチン配合量です。

 

ゼアキサンチンはルテインと同じく目を光の刺激から守る働きをもっています。

 

良質なゼアキサンチンとルテインを同時に摂取できるメニールテインゼアは、まさに光の刺激から目を守ることに特化したサプリだと言えますね。

 

 

特許技術で抽出されたビルベリーエキス「ミルトアルゴス」を採用

 

メニールテインゼア

ビルベリーエキス自体はリニューアル前のメニールテインにも配合されていました。

 

ビルベリーに含まれているアントシアニンには眼精疲労対策や視力回復の効果があるからです。

 

リニューアルされたメニールテインゼアでももちろんビルベリーは含まれていますが、使用するビルベリーエキスの種類が変わりました。

 

今回使われているものは特許技術により抽出された「ミルトアルゴス」というビルベリーエキスです。

 

これまでのビルベリーエキスと比べ、アントシアニンが体の中に残る時間が大きく伸びました。

 

アントシアニンは摂取してもすぐに腸内で壊れてしまいます。

 

なので、腸内でも壊れずに長い間吸収できるミルトアルゴスは画期的なビルベリーエキスなのです。

 

そのアントシアニン吸収力は従来の約2倍。眼精疲労対策や視力回復に今まで以上の効果が見込めるでしょう。

 

1日にカプセル一粒でOK

メニールテインゼアは1日にカプセルを一粒飲むだけで目のトラブルに対処できます。

 

1日1カプセルという使い方はメニールテインゼアにリニューアルされる際にも譲れない特徴として残されました。

 

ルテインサプリの使用は言ってみれば栄養摂取、食事のようなものですので、できるだけ簡単に摂取できるに越したことはありません。

 

できるだけ愛用者の人達に楽をしてほしいという開発元の強いこだわりが伝わってきます。


1袋90日分!メニールテインゼアはこんな人に使って欲しい!

ゼアキサンチン

加齢に伴う目の深刻なトラブルを抱える人、または気になる人

メニールテインゼアは、黄斑変性や白内障といった網膜系の深刻なトラブルの改善や予防を望む人に最適なサプリと言えるでしょう。

 

これらの症状はブルーライトや紫外線といった光の刺激を受け続けることで進行していきます。

 

メニールテインゼアは、そんな光の刺激から目を守るルテインとゼアキサンチンをとても効率よく摂れるので、黄斑変性や白内障の対策をしっかりと行いたい方にはまさにピッタリのサプリメントです。

 

目を多く使う仕事をしているなど、目の疲れを感じやすい環境の人

メニールテインゼアは年配の方だけでなく、普段から目を酷使している若い方にとっても悩みを解決する手段となるでしょう。

 

メニールテインゼア

長時間のパソコン作業やスマホ使用は、ブルーライトを中心とした強い光の刺激を目に与え続けます。

 

それによって目は慢性的に疲れ、眼精疲労や視力の低下などを引き起こします。

 

また、光の刺激を受け続けることは、本来もっと年齢を重ねてから発症するはずの深刻な目のトラブルに若くしてかかってしまうリスクを抱えているということでもあります。

 

メニールテインゼアは良質なフリー体ルテインと豊富なゼアキサンチン、ミルトアルゴスから摂取できる良質なアントシアニンによって、パソコンスマホ多用のライフスタイルによる目の疲れや光による網膜へのダメージを和らげてくれることでしょう。

 

1日あたり100円のコストを了承できる人

メニールテインゼアは公式サイトの価格が8910円。

 

これは90日分なので、1日あたり100円近くのコストがかかることになります。

 

また、これだけの成分を有しながらできるだけ価格を抑えるために、1ヶ月無料や割引などの他の製品が行っているような初回サービスは行われていません。

 

類似品にはもっとコストの安いサプリもあります。

 

ですが、良質なフリー体ルテインとゼアキサンチン、アントシアニンを同時に摂取したい方で1日100円のコストを了承できるのであれば、メニールテインゼアは最適な選択だと言えるでしょう。


メニールテインゼアを高評価している人の口コミ

口コミ

 

 

 

飛蚊症の緩和のために飲み続けています。
視界のもやが明らかに弱まりました。
今後も飲み続ける予定です。
(40代男性)


 

 

疲れ目に効果があるかと思い試しに飲んでみました。
2か月目に肩の痛みが取れました。
(30代男性)


 

 

メニールテインの頃から飲み続けています。
メニールテインゼアにリニューアルされルテインの量が増えても1日1カプセルのままにしてくれたことで助かりました。
(60代男性)


 

 

緑内障の進行を遅らせるために飲んでいます。
先日、担当医から症状の進行の遅さを驚かれました。
(60代女性)


 

 

※著作権の関係で口コミは意味や内容はそのままで一部表現を変えています。


まとめ

メニールテインゼア表紙

メニールテインゼアは、数あるルテインサプリの中でもフリー体ルテインとゼアキサンチンが特に豊富にバランス良く配合されたサプリメントです。

 

そして最新のビルベリーエキスであるミルトアルゴスから良質なアントシアニンも同時にとることができます。

 

素材の良さをとことん追求して価格を抑える為に、TV・雑誌・新聞広告なし、過剰な梱包もなし、卸売りや代理店もなし、そしてサンプルやお試し30日などの販売も一切カットしているほどです。

 

「ゼア」に進化したメニールテインゼアは、光刺激による網膜系の疾患と疲れ目や眼精疲労のリスクを同時にしっかり対処したい人のため、ブルーライト社会へ向けた目に特化した進化を遂げたルテインサプリです。

 

90日分(3か月分)で1袋 8910円
1ヶ月に計算すると 2970円

 


1日分に計算すると 99円

 

 

効果を実感してもらいたいから1袋90日分としたメーカーの姿勢、皆さんはどう感じられますか?


関連ページ

ルテインサプリの王者ひとみの専門店「朝のルテイン&プラセンタ」
業界最高含有量40mgのルテインを含むひとみの専門店「ルテイン&プラセンタ」は唯一のゼリー状サプリメントで水溶性。このため最も体内への吸収速度が早く効果が実感しやすいサプリです。プランタンを取り入れる事で、体の内外を共にケアするルテインサプリ王者と言えます
今注目の沖縄県産サプリ「一望百景」は琉球3素材が贅沢配合!
一望百景に使われているルテインは国産のマリーゴールド千寿菊。フリー体ルテインです。ルテインは光の刺激から目を守るために使われる成分で、ほうれん草など緑黄色野菜から摂っているもの。しかし、加齢にともなって体内のルテイン量は減少し、食事だけでは補えなくなります。
2016年モンドセレクション最高金賞受賞の実力「めなり」
「めなり」も売れているサプリメントの1つで、リピート率が93.9%という脅威の数字を公表しています。 「めなり」は、ルテインというよりもビルベリーに含まれるアントシアニンという色素を軸として、ルテインを加えたサプリメントと言えます。 ルテインが直接的にブルーライトから目を守るのに対して、アントシアニンはロドプシンの再合成に作用すると言われているので、光の検知、つまり目が見えるという機能を助ける働きをサポートするといった面を強く押し出したサプリメントになります。
ルテインとクロセチンがコラボ!目の健康サプリ「なごみアイ」
なごみアイにはルテインの他にクロセチンという成分が含まれています。クロセチンはルテインと同じカロチンの一種。目の血流を改善することで疲労軽減や網膜の保護といった効果が期待できます。そのクロセチンの大きな特徴が成分が吸収されるまでのスピードです。ゆっくりと体に吸収されるルテインと比べクロセチンの吸収はとても早く、摂取して4時間もすれば体中に行きわたります。
ブルーライトに特化した機能性表示サプリ「デスクラーク」
デスクラークには、20mgのルテインのほかに2種類のポリフェノールが含まれています。その2種にはそれぞれこだわりがあり、これがそのままデスクラークの特徴であると言えます。一つはマキベリー由来のポリフェノール。マキベリーからはアントシアニンというポリフェノールが抽出できます。
機能性表示食品「メラックスeye」はあの八幡物産の最高傑作サプリ?
メラックスeyeは機能性表示食品です。機能性表示食品とは、「食品としての安全性」と「健康目的として機能すると言える科学的な根拠」について、製品を発売する前に事業者(作った会社)が消費者庁長官へ届け出ることで表示できるものです。特定保健用食品(トクホ)とは違い、国がその機能性を審査し保証するものではありません。あくまで事業者が科学的根拠を届け出たことを表す制度です。
DHCの「光対策」は何気にルテイン16mgを調合した優れもの!
ルテイン光対策は目を光の刺激から守る成分であるルテイン中心にした目を守るためのサプリメントです。ルテインは16mg入っていて、機能性表示食品でもあります。製造販売しているのはDHCはご存知の通り化粧品からサプリメントまで幅広く扱う会社で、特にドラッグストアやコンビニで買える袋入りのサプリメントは有名ですね。
FANCL「えんきん」が実は日本初の目の機能性表示食品だった!
健康食品を日本で初めて「サプリメント」という名称で呼んだのがファンケル(FANCL)です。 そしてこのファンケルが作り出した、ルテインサプリが「えんきん」であり、目を守るサプリとして「スマホえんきん」という商品も開発しています。 なぜ2種類の目のサプリがあるかというと、販売ターゲットとする年齢層が違うからなんです。
小林製薬の「ルテインa」は製薬会社らしいしっかりとしたサプリメントです
ルテインaは機能性表示食品。機能性表示食品とは、その製品を作った企業が消費者庁に対し、製品の安全性と機能性について科学的根拠を提出することによって可能となる表示です。ルテインaの安全性と機能性も消費者庁のサイトを見ることで小林製薬が提出した資料を確認できます。
1億2000万個の販売実績を誇るわかさ生活のブルーベリーアイ
ブルーベリーアイはビルベリー由来のアントシアニンを中心に摂取できるアイケア系サプリメント。数あるアイケア系サプリの中でも特に人気のある商品で、実際に9年連続アイケアサプリ売り上げ1位という素晴らしい数字をもっています。